クレアブログ

【院長ブログ】過ごしやすい気候ですね

お久しぶりです、クレア動物病院の田中です。
4月はフィラリアの検査の季節でとても忙しく、やっと一息ついてブログが更新できるようになりました。
数少ない読者のみなさま、お待たせしました!

さて当院ではスタッフが少し充実することになりました。
新顔の看護師が増えますが、全員経験者ですので、安心してお任せいただけると考えています。
気分を新たに頑張っていきます。新人も含めスタッフ全員少々の疲れはあるものの、元気に過ごしています。

さて本日の話題は、新聞に掲載頂いたという話です。
実は5/13の読売新聞の夕刊に、一面の半分ぐらいの大きさで、犬の供血についての特集が組まれました。
そこに写真とともに当院の供血犬を取材していただいた内容を記事にしていただき掲載していただきました。
記事を書き上げていくプロセスを実際に見せていただくことが初めてで、新鮮な経験でした。
記事を書くにあたって、価値観や考え方が違う多方面からの意見を取材されるとともに、
なるべく証拠となるデータを集めようとする執念には驚きました。
色々な仕事も、水面下では大変だということをつくづく感じました。

当院には担当の記者さんから直接メールが届き、取材の申し込みがありました。
当院としては病院の宣伝ではなく、供血犬という「縁の下の力持ち」の話が、
縁の下ではなく表に出てくれればと協力させていただきました。
これを機会に、貧血で困っているワンちゃんを助ける仕事をしている供血犬に対する理解が
深まってくれることを祈っております。
これからも供血犬も含めた全スタッフ一丸で、病気と戦っていける病院でありたいと思っています。

ブログカレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ